読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ、始めました。


f:id:huresia:20160719000202j:image


フレシア「どうもこんにちは。特技はメイン2に出て来て場で寝転がる事です。フレシアの蟲惑魔です。」

f:id:huresia:20160719000232j:image

トリオン「それが貴女の仕事ですからね。どうもこんばんは。普段はハルベルトと一緒にダイレクトアタックする仕事をしてます。トリオンの蟲惑魔です。」

フレシア「さて、突然ですがブログ、始めました。」

トリオン「本当に唐突ですね。一体どうゆう風の吹き回しですか?」

フレシア「いや、私普段はTwitterでデッキ紹介とか新規について色々喋ったりとかしてるのは知ってますよね?」

トリオン「まぁ知ってますよ。」

フレシア「でもTwitterでツイートしてもすぐツイートが流れていっちゃうんですよ。」

トリオン「それはTwitterでやっている以上仕方が無いでしょう。」

フレシア「まぁでもどうせ紹介するならもっと多くの人に見てもらいたい!って思ってしまうんですよ。だからブログに纏める事にしたんです。ブログに纏めれば過去の記事も見れますし。」

トリオン「ほうほう。ちゃんとした理由があったんですね。てっきりまた見切り発車でやった物かと。」

フレシア「まぁ一番の理由はブログを色々読んでたら自分もやりたくなったってだけの理由ですがね!」
トリオン「おい。」

フレシア「後私がブログを書く事でbot界隈でブログを書くのが流行れば良いなと。」

トリオン「貴女の実力でそんな事起こせる訳無いですから。」
 
フレシア「……思ったんですけどトリオンちゃん私に辛辣過ぎませんか?」

トリオン「そんな事無いですよ。」

フレシア「そうなんですか?」

トリオン「ソーナンス。」
フレシア「真面目に答える気無いだろ。」

フレシア「まぁいいや。という訳でこれからデッキ紹介とかアニメについて喋ったりとか新規について色々模索したりとかするフレシアブログを宜しくお願いします。」

トリオン「偶には彼女に付き合ってあげて下さい。彼女、頭が子供ですから無視すると拗ねるんです。」



フレシア「で、今回はこれだけ言う予定だったのでこの後の事は特に考えて無かったんですけどどうします?シャドーバースの話でもします?」

トリオン「アホ。」


果たしてこんなのでブログなんて出来るのか!?とり敢えず次回に続く。