読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外からの刺客!?相手の死角から豪快にワンキルを決めろ!

フレシア「さて、今回はTwitterでの予告通りEXTRAPACK2016で出る海外カードを使ったワンキルデッキを紹介しますよ!」
 
トリオン「ワンキルデッキ……と言うと、

f:id:huresia:20160721204625j:image
 
トリオン「海外環境で大人気のkozmoですね!ヤッター!私スターウォーズ大好きなんですよ!さぁ早くデッキを出して下さい!」
 
 フレシア「フフフ、今回のキーカードはこれです!」
 

f:id:huresia:20160723222845j:image
 
フレシア「INTERRUPTED KAIJU SLUMBER!!」
 
トリオン「って壊獣じゃないですか!!」
 
フレシア「いや、別に私kozmoの紹介をするなんて一言も言ってませんし。ワンキルと聞いてトリオンちゃんが勝手に勘違いしただけですし。」
 
トリオン「いや、どう考えても詐欺ですよこれ!だってブログの画像にドロッセル置いてるし絶対狙ってましたよ!」



f:id:huresia:20160726180739j:image

f:id:huresia:20160723223241j:image
 
フレシア「いや、その画像置いたのトリオンちゃんじゃないですか。はいはい、茶番を長くしてもダレるだけですしデッキ紹介始めますよ。」
 
トリオン「納得いかない……。」
 
納得行かなくても始めます。
 

f:id:huresia:20160721205120j:image
 
フレシア「ではまず、INTERRUPTED KAIJU SLUMBERの効果を説明しましょう。」
 
効果
フィールド上のモンスターを全て破壊し、自分のデッキから名前の違うkaijuを2体選んで自分と相手のフィールドに1体ずつ特殊召喚する。
 
墓地のこのカードを除外してデッキからkaijuモンスターを手札に加えれる。
 
トリオン「要するに無理矢理怪獣大決戦をするカードですね?」
 
フレシア「そう言う事。魔法なのでクリスタルウィングとかに引っかからないし強いですよ。取り敢えずこれでテキトーに……これでいいや。場を更地にしてkaiju2体出しますね。」
 
 

f:id:huresia:20160724104553j:image


f:id:huresia:20160726180052j:image
 
説明
でかいkaiju
 
 
トリオン「説明雑過ぎじゃないですか?」
 
フレシア「良いんですよどうせこのデッキkaijuの効果使わないんですから。そして手札の光属性を墓地に送って銀河戦士を特殊召喚!」
 

f:id:huresia:20160726170842j:image
 
トリオン「えっ、『銀河』?」
 
フレシア「銀河戦士の効果で銀河の魔術師を手札に加えます。」

f:id:huresia:20160723165626j:image
 
フレシア「そして銀河の魔術師を召喚して効果発動!リリースしてデッキから銀河遠征を手札に加えます。」
 
f:id:huresia:20160723165714j:image
 
フレシア「そして銀河遠征を発動して2体目の銀河戦士を特殊召喚!これでレベル5モンスターが2体!来るぞトリオンちゃん!」
 
トリオン「自分で出しといて自分で言うんですか。」

f:id:huresia:20160723165730j:image
 
フレシア「(無視)2枚の銀河戦士でオーバーレイ!現れよヴォルカザウルス!効果発動して相手フィールドの黒い壊獣を爆殺!2800ダメージ!」
 
フレシア「そしてエクシーズチェンジ!今や懐かしいヴォルカドラグーンコンボです!」

f:id:huresia:20160723165754j:image
フレシア「これで、2800(ヴォルカザウルス)+3300+2600=8700!相手は死ぬ!」
 
トリオン「な、何という……簡単な……。」

f:id:huresia:20160721204819j:image
 
フレシア「何とこのコンボに必要なカードはたったの2枚。それだけでなく別にコンボに頼らなくても普通に戦えるデッキ、その名も『時代逆行』!」
 
トリオン「ネーミングセンス無いですね。」
 
フレシア「やかましい!とにかくこれが『時代逆行』のデッキレシピです!」
 
 


f:id:huresia:20160726181109j:image

 
時代逆行 デッキ40枚
でかい光の機械族の怪獣×3
キングギドラっぽい怪獣×3
ウルトラマンブラックっぽい怪獣×1
銀河戦士×3
先史遺産ネブラディスク×3
先史遺産ゴールデンシャトル×3
銀河の魔術師×3
先史遺産クリスタルボーン×1
先史遺産クリスタルスカル×1
エキセントリックデーモン×3
ハーピィの羽箒×1
ブラック・ホール×1
銀河遠征×1
ししゃしょしぇい×1
強欲で謙虚な壺×3
INTERRUPTED KAIJU SLUMBER×3
幻影霧剣×3
デモンズ・チェーン×3
 
トリオン「銀河と先史遺産を軸に作ったんですね。」
 
フレシア「はい。軸がしっかりしたカテゴリーな分堅実な戦い方もお手の物です。後銀河を採用した理由は壊獣には光のモンスターが二種類もあり銀河戦士と相性が良いのです。

f:id:huresia:20160726174740j:image

f:id:huresia:20160726174830j:image
 
という訳で壊獣は光属性2枚とおまけで闇属性の奴を1枚採用した7枚体制です。壊獣にはデッキに眠って貰わないと困るので。」

f:id:huresia:20160726175047j:image
 
フレシア「基本は普通に戦ってコンボが揃ったらワンキルって感じです。」
 
トリオン「普通に戦えるのは大きいですね。この手のワンキルデッキはこのカードが揃わないとダメって感じの一発屋が多いですし。ワンキルに固執しなくて良いのは素晴らしい。」
 
フレシア「後やっぱりサイバードラゴンインフィニティは強いですしね!」
 
f:id:huresia:20160726180202j:image
 
フレシア「罠はモンスターがフィールドに残るデモンズ・チェーンと幻影霧剣を採用しました。因みに此処を強欲で貪欲な壺、ランク5を作るギミック等のコンボに特化したカードを入れるのも一つの男らしい選択です。光が多いのでオネストも良いですよ。ネプラディスクが生き残ったりしますし。」
 
フレシア「とまあ新しいカード1枚でこんなデッキを作れたりします。皆さんも色んなカードに目を向けてみましょう。」
 
トリオン「貴女にしては珍しくまともに終えた事に恐怖して良いですか?」
 
フレシア「ごめん殴って良い?」